督促が止まる

女性

家族に知られない

任意整理は、裁判所を介せず貸金業者と直接交渉する手続きです。この手続きにはさまざまなメリットがあります。自分でも交渉することができるのですが、弁護士や司法書士に依頼することで費用はかかりますが交渉を任せることができ負担が減ります。それ以外にも、督促をストップさせることができるメリットがあります。個人で行うと延滞中の中行うわけですから、督促の電話は止まらないです。それを弁護士や司法書士といった専門家に任意整理の相談をすることで、受任通知を債権者に対して送付します。この書類を債権者が受け取った時点で弁護士or司法書士が介入した事実を知りますので、今後直接債務者に督促することができなくなります。交渉は、今後代理人である弁護士または司法書士を通してとなります。そして、任意整理は自己破産のように裁判所を介さない手続きなので周囲に知られることはないです。取引履歴を取り寄せ利息制限法以下に引き直し計算し、過払い金があれば減額に充てることができます。それだけでなく将来利息もカットすることができます。過払い金が発生していないと減額効果はほとんどないのですが、将来利息はカットできるので分割で返済していくことができます。そして任意整理は自己破産や個人再生と比べると安価な費用で手続きができます。また、債務整理に強い事務所であれば相談費用は無料であることが多く、その他の弁護士費用も分割に対応もしてくれる事務所もあります。

Copyright© 2018 弁護士に相談する際の費用目安【任意整理には3つの方法がある】 All Rights Reserved.