司法書士に依頼

男性

弁護士よりも安価

借金問題解決のために一番多く利用されている手続きが任意整理です。任意整理の手続きを個人で行うのではなく、専門家に依頼するとなると弁護士または司法書士のどちらかになります。弁護士であればどの事務所に相談をしたも対応してもらえますが、司法書士の場合は認定司法書士である方のみ手続きを依頼することができます。では、弁護士と司法書士どちらに依頼すればいいのかとなりますが、費用の面からいえば安価な費用で対応してくれるのは司法書士です。着手金も1社当たり弁護士だと3万円〜5万円が相場なのに対して、司法書士は1万円〜2万円(中には0円もあります)が相場となっています。減額報酬は10%程度なのでここは弁護士と大差ありませんが、トータルでかかる費用となると弁護士よりも安価になっています。弁護士に依頼すると、任意整理以外にもすべての法律案件に対応できるため費用が高くなってしまうのですが、費用面を気にするのであれば司法書士に依頼をしたほうがお得となります。しかし、注意しなければならない点があります。それは、取り扱える債権金額に上限があることです。司法書士は、任意整理の手続きで1社当たり140万円以下の債権しか取り扱うことができないことです。また、債務整理の手続きには他にも個人再生や自己破産がありますが、これらの手続きの法定代理人となることができないのです。つまり、当初任意整理の方針でいたが、任意整理では解決が難しいと他の方法で検討しなければならなくなります。個人再生の方針に移行すると、書類の作成は代行できますが交渉や裁判所の出廷は本人が行わなければならないのです。余計に費用もかかりますから、無料相談の時にどうすればいいなど解決方法をよく調べてから依頼することです。

Copyright© 2018 弁護士に相談する際の費用目安【任意整理には3つの方法がある】 All Rights Reserved.